かんぴょうスピーカーの値段や購入方法は?大きさにサイズに値段に音も!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

月曜から夜ふかしの栃木ニュースで取り上げられた「かんぴょうスピーカー」が気になって、大きさやサイズ、通販・購入方法と値段に音も調査してみました!

かんぴょうって栃木の名物らしいです。

かんぴょうスピーカーとは?


かんぴょうスピーカーとはそもそも何か、を簡単にご説明させていただきます。

まあ、一般的にかんぴょうと聞いて思い出すのは、巻き寿司の中に入っているかんぴょうではないかと思います。

そもそもですが、かんぴょうが何から出来ているかと言うと、ウリ科ユウガオ品種の「ふくべ」という、主に丸い形をした果実があり、その果実をひも状にむいて乾燥させたものになります。

自分も調べて初めて知った時は、驚きでした。

で、かんぴょうスピーカーとは、このかんぴょうの原料である「ふくべ」という主に丸い形をした果実から作ったスピーカーということになります。

このかんぴょうスピーカーの写真を見たのですが、丸い形の「ふくべ」にスピーカーが二つ付いていて、さらに転がってしまわないように短い脚みたいなものがついていて、なんか愛嬌あるデザインです。

かんぴょうスピーカーの通販・購入方法は?


かんぴょうスピーカーの通販・購入方法ですが、そもそもかんぴょうスピーカーを作っているのは、サウンドテック高橋電機さんだけです。

ですので、購入方法としてはこのサウンドテック高橋電機さんのホームページから通販で購入することになります。

しかも、先程ご説明させていただいたように、果実ですので、原材料のかんぴょうを収穫する時期が決まっており(おおよそ11月にかんぴょうを収穫。そしてそこから1年間乾燥させてから作るらしいです)、その収穫量も決まっています(1年300体)ので、タイミングが非常に大切ですので、気になった方は一度サウンドテック高橋電機さんのホームページからお問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

かんぴょうスピーカーの大きさやサイズは?


かんぴょうスピーカーの大きさやサイズですが、ご要望のサイズや形を選べるらしいです。

その大きさやサイズとはS(横幅直径25~30センチ程度)、M(横幅直径30~35センチ程度)、L(横幅直径35~45センチ程度)らしいです。

重さは1.5kぐらいらしいので、部屋中あちこちに持ち運べて良さそうですね。

こちらも詳細はサウンドテック高橋電機さんのホームページよりお問い合わせしていただければと思います。

かんぴょうスピーカーの値段は?


かんぴょうスピーカーの値段ですが、値段は調べたところ、なんと1個63,000円(税別)とのこと。

手作りですし音も良いそうなので、このぐらいのお値段にはなるのは納得です。

かんぴょうスピーカーの音の評価は?


かんぴょうスピーカーの音ですが、1年間乾燥させたかんぴょうの中身はなんと雑音を吸収し、音が非常に良くなるらしいです。

また、スピーカーの固定リングには栃木で作られている高級絹織物「結城紬」を採用しているそうです。

そして、ひとつひとつ音を確認して作っているということです。

すごくこだわりを感じますね。

そして、音の評価ですが、非常に柔らかくて、深みのある音という評価をされていた人もいらっしゃいました。


かんぴょうスピーカー、気になった方は一度お問い合わせされてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です