BIGBANGのT.O.Pの嗜眠状態とは何か?意味や症状と読み方に原因も!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

韓国の梨花女子大学校医科大学付属木洞病院のキム・ハンス広報室長らが、集中治療室で治療を受ける人気グループ「BIGBANG」T.O.P(29)の現状態について「嗜眠状態(deep drowsy)から回復をしていない」との発表がありました。

ん?

嗜眠状態(deep drowsy)とは何か?が気になり、嗜眠状態とは何か、また意味や症状と読み方に原因についても調査してみました!

嗜眠状態の読み方は?

嗜眠状態の読み方ですが、「しみんじょうたい」と読みます。

個人的には「昏睡状態」というのは聞いたことがありますが、この嗜眠状態(しみんじょうたい)という言葉を、初めて耳にしました。

嗜眠状態の意味や症状は?

ナースペディアによると、嗜眠状態(しみんじょうたい)の意味や症状ですが、「嗜眠」というのは意識障害(意識混濁)の程度のひとつで、放っておくと眠ってしまって、強い刺激を与えないと覚醒して反応をしない状態という意味・症状になります。

ということは、T.O.P(BIGBANG)は強い刺激を与えない限り眠ってしまうということでしょうか。
昏睡状態と嗜眠状態は、ほぼ同じような意味に近い気がします。

嗜眠状態の原因は?

嗜眠状態の原因ですが、以下のような原因になります。

・睡眠時間が極端に短い場合。

・睡眠障害(睡眠時無呼吸症候群・発作性睡眠)の場合。

・脳炎、外傷、中毒、脳腫瘍、脳血管障害、代謝障害などの疾患が原因の場合。

・薬剤(精神安定剤・睡眠剤・抗ヒスタミン剤)などを服用している場合。

今回T.O.P(BIGBANG)は精神安定剤を過剰摂取したという報道があったので、今回T.O.P(BIGBANG)が嗜眠状態になっているのは、おそらく精神安定剤を過剰摂取したことが原因になるかと推測されます。

早く回復することを祈ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です